読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか晴れてほしい空2

小学生のママが社会、教育、生き方について思うあれこれ。

トランプ大統領による米入国規制へ反発

社会、政治 読書

トランプ米大統領イスラム圏7か国からの入国禁止を決めたことに対し、様々な主要企業やメディア、州、省から反発が上がっている。

内容の深刻さ、緊急性から考えて、当然の反応だろう。

けれど、アップルやグーグル、フェイスブック、ゴールドマンサックス、テスラ、ワシントン州、司法省のトップなどが、自身の処遇をかえりみることなく、規制反対の立場を明確に示す姿にアメリカの底力を感じる。

 

日本で同様の事態になったときに、

果たしてNO!という声が企業や省、自治体、メディアから上がるだろうか?

 

新藤宗幸さんの「政治をみる眼」という本によると、

『日本には権力そのものに従順な政治文化が存在する。日本の保守主義の基底にあるのは「ムラ社会」であり、それゆえの権力への同調である。明確なイデオロギー、政治信条に裏打ちされたものではない。』

とある。

今、安倍政権が支持されているのは、政策うんぬんよりその「強さ」からだろう。

 

強い者にまかれる・まかれろ、という日本社会では強い者へのNO!を期待するのは難しいかもしれない。

 

 

政治をみる眼 ―次の時代を動かす君たちへ―

政治をみる眼 ―次の時代を動かす君たちへ―