いつか晴れてほしい空2

小学生のママが社会、教育、生き方について思うあれこれ。

国会見学して議員と話す。

さて、最後は議員さんの事務所見学&意見交換です。今回の見学者は少なかったのでたくさんお話しできました。

 脱原発し、ドイツのようにエネルギー変換をしたり、技術革新により、電力使用量そのものを減らしたり。そういえば、先日NHKでドイツでは蓄電池が発達し、安定的に再生エネルギーから電気を得られるようになってきたとやっていました。

 また、有権者が賢くならないと良い政治家が選ばれないという話しもでていました。地方では違法すれすれのことができる人でないと選ばれないようです。以前、アフリカの中学校で生徒会長を選ぶ選挙のドキュメンタリー番組をみましたが、クリーンでキチンとした考えを持っていた候補がキチンとした考えももたず、生徒にお菓子を配った候補に敗れました。有権者が賢くないから。

 政治家に文句を言う前に私たち有権者が賢くなるべきだと思うし、そこでやはり重要なのは教育なのでしょう。答えのない社会の問題について子どものころからより良い選択は何か?を問い続けることです。学校でも家庭でも社会でも。大人子ども問わず、常に政治を身近に感じられるようなしかけもいいかもしれない。小池都知事の政治塾のように門戸を大きく広げて、特別ではない普通の人々が気軽に学べる場を提供したり。こういうことが投票率アップにもつながるし。あんなにたくさん入塾したのをみると実は政治を学びたい人は結構いるんじゃないかなと思います。ただ、どうしたらいいのかわからないのが現状というか。

 

 他の見学者も政治に関心がある方ばかりで、いろいろな意見が聞けて面白かったです。

 

 そんなこんなで政治が身近に感じられたし、刺激になったし、とても充実した見学会でした。

 

オススメです!

 

国会見学編はこちら

 

itusora.hatenablog.com