読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか晴れてほしい空2

小学生のママが社会、教育、生き方について思うあれこれ。

残業月最大100時間合意。やっぱり人の命は仕事より軽いのか?

社会、政治

電通の過労死事件で被害者の母親が

「命より大事な仕事なんてない」

といったが正にその通り。

 

なんで過労死ライン(労働時間月80時間を超えると過労死のリスクが高まる)を超える

残業月最大100時間OK!がまかり通るのだろう?

その仕事、命を削ってまでするほど大事?

 

まるで

「仕事(金)より大事な命なんてない」

といっているようなものだ。

 

「KAROSHI」という言葉は「KAMIKAZE」(欧米では自爆テロを指すそうだ)と同様に日本発の英単語だ。

「過労死」は欧米にはない異常な、日本独特の状況で適当な訳がなかったため、日本語がそのまま使われている。

あんまり褒められたもんではないね。

 

日本人は働き過ぎだってことだ。

悪い意味で。

 

私たちが過剰な労働を求められるのは

私たちが過剰な便利さを求めていることも

原因の一つとしてあるだろう。

 

だから残業月最大100時間OKなんていってないで、

むしろもっと経済の回転を緩くしてもいいんじゃないの?

人口が減っているんだから経済規模を縮小したりさ。

それで多少不便になったとしても。

その便利さ本当に必要?

結局自分たちで首をしめているだけだ。

 

ヨーロッパの国々を見てみればわかる。

例えばお店は日曜日は休み、夜中も休み。

人命に関わるような仕事でない限り、お休み。

過剰なオモテナシもなし。

それが普通。

それでうまく回ってるじゃない。

 

☆過労死関連☆

自分で自分の身を守ることも大事!↓

 

itusora.hatenablog.com