いつか晴れてほしい空2

小学生のママが社会、教育、生き方について思うあれこれ。

中国旅行では牛肉の小籠包がオススメ

中国旅行の楽しみの一つは料理。

私は中華料理が大好き。

中国旅行で1番おいしかったのは

牛肉の小籠包

一つのセイロに8こぐらい入って200円くらい。豚よりもさっぱり、でもいいダシが出てる。タレもいろいろな香辛料が効いていて深い味になっている。

子どもも大好きで、朝からセイロ一つ分ペロリとたいらげてしまった。

日本でも食べたくて探してみるものの、

どうも同じタイプの小籠包はない。知人に聞いてみても日本では見かけないという。

 

他の中華料理も外れなく、おいしかった。

ただ一つどうしても食べられなかったゲテモノ以外は。

そのゲテモノとは…(ゲテモノが苦手な人はここでみるのをやめるのが賢明かも)

そのゲテモノの話の前に私のゲテモノ歴をちょっと。

 

 

わざわざ自らゲテモノを食べることはないけれど、

サバイバル精神から?出されたものは一応チャレンジして食べてみるという主義で。

これまでいろいろなゲテモノを食べてきた。

私からみたらゲテモノなだけで、地元の方からみたら普通の料理なんだけどね。

 

子供の頃、友人宅で食べた山梨か長野の虫のつくだ煮にはじまり、

カエルの足の唐揚げを食べたり(鳥のササミみたいな感じ)

オーストラリアではワニやカンガルーを食べたり、

モンゴルではマーモットの丸焼きを食べたり。(脂がよくのっていてお酒に合う)

 

どれも意外とおいしいのだけれど、

やっぱり2度目はいいかな。。

どんなにおいしくても食べるまでのドキドキが疲れちゃって。

 

そんな私でもちょっとムリと思ったのは

中国のイモムシの唐揚げ。

中国旅行中、知人宅で、レストランで何度も登場する。

知人はみなおいしいおいしいと言って食べ、数ある他のおいしい中華料理をさしおいて、必ず最初に皿が空になる。

知人も私に「エビみたいでおいしいよ!」と熱心に勧めてくれるのだけどムリだった。

たぶん食べたら食べたでおいしいんだろうけどね。

勇気ある方はぜひ試してみて。